美容について考える、知る。きっとあなたの道は広がるはず。

鼻整形するなら隆鼻術で変化を

美容外科ではスッときれいな鼻すじにしたいという希望を叶えることが出来ます。 例えば、鼻にプロテーゼを挿入することで鼻を高くし、鼻筋を美しくするのが隆鼻術です。

プロテーゼとは、人間の軟骨に近い性質の素材です。理想の鼻の高さに合わせ、I型またはL型のプロテーゼを加工して作成します。ヒアルロン酸など一時的に効果のある成分を注入する鼻整形とは違い、半永久的な効果を得ることが出来ます。

鼻の穴の内側にメスを入れてプロテーゼを挿入する美容整形です。傷跡は見えづらく、ナチュラルな仕上がりになるので、不自然に変化する心配もありません。

腕のいい美容外科は鼻整形の失敗なし

美容整形で数多くの結果を出しているところは、鼻整形で失敗するなんて状況を作りません。確実に多くの人が満足できるように、そして理想としている鼻を作ってくれます。鼻整形には多くの方法がありますが、隆鼻を希望している方が大半で、次に多いのが小鼻縮小です。

この2つの整形は、多くの医師が行うものと考えていますから、当然何度も実施できるよう訓練をしており、最高の結果が出るようにしています。腕がいいとされている美容外科なら、しっかりとチェックをした上で進めていくことに加え、要求通りの整形を行ってくれますので安心です。

自然に高くできる鼻整形

主に高くすることが目的の鼻整形は、ヒアルロン酸などの注入やシリコンプロテーゼを入れる隆鼻術があります。どちらの方法にも利点がありますが、高い鼻を維持したい場合には、シリコンプロテーゼを入れる方法がいいでしょう。

ヒアルロン酸では、注入して一年後には体内に吸収されるので元に戻っていまいます。その点、シリコンプロテーゼは半永久的の効果があります。また、違和感のない高さを作り出し、希望の高さに調節できるのも魅力です。手術の傷口も小さく、鼻先の皮膚を傷つけることないので、見た目では整形したと思われにくいです。

バード型のプロテーゼは鼻整形で一番負荷が少ない

鼻を高くする鼻整形の中で、違和感のない高さと自然な鼻筋を通すことができるバード型のプロテーゼがあります。注目する点は、他のプロテーゼと違い鼻先の高さを出すことができて、尚且つ負担がかかりにくい構造となっています。

I型やL型では実現できなかったデメリットを満たす隆鼻術となります。しかし、プロテーゼは半永久的な効果がありますが、長期的の使用は勧められていません。使用している内に、上に移動してしまい鼻の形が崩れたり、鼻先の皮膚に負担がかかって薄くなったりする場合があります。定期的なメンテナンスをして、維持することが重要です。

鼻整形におけるヒアルロン酸注入とシリコンプロテーゼの特徴

鼻を高くしたいやすっと通った鼻筋にしたいなど悩みは尽きないです。その願いを叶える方法として、鼻整形における隆鼻術があります。主に、ヒアルロン酸などを注入する方法とシリコンプロテーゼを入れる方法の二種類があります。

どちらも鼻筋を通し、自然な感じで高くできる効果が期待できます。その他、費用の面で比較してみると、ヒアルロン酸注入がややお手頃で、手術時間も15分程と短時間でできることも魅力的です。一方、シリコンプロテーゼを入れる方法は、少し費用が高くなりますが、半永久的な効果を期待できる特徴があります。

鼻整形関連